開業医を経営するテクニック|専門家に相談することが大切

客観的な判断に役立つ

女医

開業医として活動を始めるなら十分な情報が必要です。勤務医として活動していると開業医が水を得た魚のように生き生きと活躍しているように感じられるものですが、現実はそんなに甘くはありません。社会的ステータスの高い医業といえどもクリニックは個人経営です。開業後に思ったように患者が増えず苦労している医師も多いのが実態です。クリニックを開業する以上は患者に受診してもらわないと、たちどころに経営が立ち行かなくなり多額の借金を抱えたまま廃業することになってしまいます。だからこそクリニック経営でも開業前のコンセプトが重要となるのです。クリニック運営の成功に導くポイントは立地・ターゲット・設備の適切な選択にありますが、これらはコンセプトをはっきりさせることで初めてクリアに見えてきます。たとえば「住宅街」に「ファミリー層」を対象とした「子供が受診しやすい」といったコンセプトをあらかじめ決めておけばその後の経営がぐんと楽になります。このようなコンセプトに基づく開業プランを提案しているのがコンサルタントです。開業医向けのコンサルタントに相談すれば豊富な開業支援実績から、予算やビジョンに合わせた最適なコンセプトを提案してくれます。またコンセプトは確かな数字に基づいたものでなければ意味がありませんが、コンサルタントに相談すれば依頼者に代わって開業に必要な住民人口・地価・クリニックの分布状況など周辺環境のデータを詳細に分析してレポートしてくれます。これから開業医としてクリニック経営を検討している方は、開業医向けのコンサルタントを活用して必要な情報収集を行ってみましょう。

店員

在庫の把握を簡単に

レジをお金の計算に使うだけでは勿体ないので、posシステムが搭載された製品を購入しましょう。その場合は、複数の業者に相談をして価格相場を知ってから購入すると、満足できるposシステムのレジを導入できます。

男女

接骨師のための業界団体

接骨師会は会員へ経営や金銭面での支援、アドバイス、事務作業の代行や福利厚生などの様々なサービスを行っています。具体的には、研修などを通じて業界全体の情報の共有や売上増へ向けてのアドバイス、最新設備への助成や融資、法律相談などを行っており、会員をバックアップしています。

IT

多機能ながら低予算が実現

多機能のポスレジは支払い方法や品目数拡大に欠かせない機器です。画面を見て操作できることからトラブル対処が容易であり、通常のレジ操作も簡単です。本部・支店のネットワークが構築でき、対策と改善の即日実行も可能となっています。ソフトウェア更新による最新状態の維持、初期投資の少ない導入も支持されています。