開業医を経営するテクニック|専門家に相談することが大切

多機能ながら低予算が実現

IT

競争に強くなれるシステム

支払い方法や取扱品目の拡大により、機器の更新とデータ管理の重要性がますます高まってきています。支払い方法が現金のみでは不便といわれる時代となり、収益改革にはデータ活用が必須となっているからです。そんな企業のニーズに沿って急速に発展しているのが「ポスレジ」で、企業や店舗の規模にかかわらず、さまざまな業種で導入が広まっています。ポスレジ本体はタッチパネルのみまたはキーと併せて操作できるため、全く初めであっても覚えやすい仕組みです。ポスレジは画面に情報が表示されますので、操作ミスやエラー発生時においても、原因が調べやすく修正がスムーズとなっています。並んでいるお客様を待たせるトラブルが少なく、ポスレジは現場からも支持されているのです。ポスレジはお会計の商品登録時に情報がデータ化され、レジ機器とは別のサーバに送られます。回線でつながっていることから、本部と支店のネットワークが構築でき、離れた場所でもリアルタイムでデータが確認可能です。例えば、本部が売れ数を見て対策を検討し、現場指示と改善策実行までの即日完了が実現します。毎日がライバル店と競い合う現代社会であることから、ポスレジは優位に立つための欠かせない道具といえるでしょう。これまでのレジシステム更新で発生していたのが、機器の入れ替えと処分による莫大な費用です。一方のポスレジはソフトウェアの更新で最新状態が維持でき、経費の大幅削減が実現しています。また、小型のタブレットタイプも広まっていることから、予算の限られた中小企業や個人経営にも選ばれているのです。